平山温泉 家族温泉ひらおぎ

山と畑と田んぼが描く風景はありふれた農村風景だ。山鹿市平山が他の山間の田舎と異なるのは、極上の温泉が湧くことだ。一部改良された場所もあるが、道は中央線のない両側1車線だ。

日帰り温泉施設などが点在する道沿い、揺れるのぼり旗に誘われ車を停めた。受付で3種類ある施設の中から露天を選ぶ。受付の右手にある浴舎で、施設の中では比較的新しいようだ。右端の部屋へ入るように案内された。



脱衣所は3畳間ほどの広さ、エアコン(無料)が備わる。夏に向けてありがたい。扉を開けると内湯、その先には露天が待つ。



内湯に満たされる湯温を確認する。熱い。とても入れない。加水用の蛇口を開ける。出てきたのは水ではない。温い温泉だ。手にすくい鼻に近づけると硫黄の臭いが心地よい。口に含むと玉子味が広がる。加水用の温泉はなんとも極上だ。対照的に湯口から注がれる熱い温泉は極薄く琥珀色を帯びているように見える以外個性に乏しい。




露天に出ると塀とのびた屋根の間から緑の山風景が見える。見晴らしは良くないが、流れ込む風が解放感を与える。
露天の浴槽は淵に木が施されている。湯口からは適温の湯が注がれ、季節に合った湯温で迎える。硫黄の臭いと玉子味が五感を刺激する。肌はいきなりのヌルスベ感に包まれる。注がれる湯は湯口でミックスされ、内湯とは全く異なる印象を与える。




洗い場は混合栓だが、お湯と水をそれぞれ出すことができる。水のみを出す。吐水されるのは温い温泉だ。内湯の加水用温泉と同じ印象を受けた。




猛暑日が続く夏ならば、加水用の温泉のみを浴槽に満たしたいと思わせる泉質だ。


平山温泉 家族温泉ひらおぎ
山鹿市平山5579
0968(44)1821
アルカリ性単純弱放射能・硫黄温泉 43.5℃
単純硫黄温泉 51.1℃
C室(内湯) 1000円/50分 シャンプー類なし
特別室(内湯) 1500円/50分 シャンプー類あり
露天(内湯・露天) 1500円/60分(土日祝)シャンプー類あり ドライヤーあり
露天(内湯・露天) 1300円/60分(平日)シャンプー類あり ドライヤーあり
8:00~22:00
2017/6/20

平小城温泉城山公衆浴場

平山温泉郷の懐に抱かれていることを感じる辺り、細い市道の傍らにその浴舎は建つ。集会所のような表情の建物に湯抜きなどの造りはない。入り口の上部に掲げられた浴場の名を記した文字からは年月の経過を読み取れる。





玄関を入ると趣のある料金箱が待つ。100円を入れる。脱衣所には簡素な棚と浅いプラ籠が並ぶ。扉のノブは変わらず未修理、タオルが巻かれている。扉を開けると先客が体を拭き上げていた。幸運にも一人っきりの時間が始まる。




澄んだ湯が陽光を反射する。湯口から注がれる湯は一旦小さい浴槽を満たし、広い浴槽へ流れ込む。凝視すると白い粒子が浮遊している。手にすくいあげた湯はほんのり硫黄臭が鼻腔を喜ばせる。口に含むとまろやかな玉子味が喉に届く。肌をヌルツル感が包む。極上の湯は健在である。




洗い場にも温泉が引かれている。湯印の蛇口のみを開ける。適温の湯が出てくる。心地よい硫黄の臭いがする。この上ない贅沢である。
充実した設備の温泉でなければならない方には不向きな温泉である。泉質にこだわりを持つ人にはお勧めの温泉だ。


平小城温泉城山公衆浴場
山鹿市平山
アルカリ性単純硫黄泉
42.1℃
シャンプー類なし ドライヤーなし
内湯
100円
13:00~20:00
2017/3/22

山鹿どんぐり村

山鹿市北東部に位置し、水田や畑などに囲まれた環境の中にある。駐車場は広く確保され、ゲートボール場も用意されている。
受付の手前でチケットを購入、受付の方に渡す。右手奥に浴舎入口がある。100円玉を2枚用意する。靴は鍵付きロッカーにしまう。100円玉が必要だが後で戻ってくる。脱衣所にはロッカーのほか籠も用意されている。ロッカーの利用には100円玉が必要だがこちらも後で戻ってくる。




風除室を経て浴室に入る。正面にかかり湯、左隣にはシャワーと水風呂、左見返りにはサウナが配置されている。かかり湯の向こう側には洗い場が並ぶ。右手にひとつ、右手先に二つの浴槽が配置されている。浴槽に注がれるのは澄んだ湯だ。無臭で飲泉可だ。喉をすんなり通り抜ける。肩まで沈む。肌に絡むような癖もなく至って素直だ。




戸外に出ると露天風呂が迎える。広い敷地に三つの浴槽がゆったり配置されている。なんとテレビモニターが設置され、野球中継が放映されていた。浴槽に注がれる湯は内湯と同様に無色透明の素直な湯で飲泉できる。景色を眺めるロケーションではないが、露天風呂特有の解放感を味わうことができる。




テレビを見ながら掛け流しの露天に入れる浴場は初めてだ。長湯してしまいそうだ。


山鹿どんぐり村
山鹿市久原3905
0968(44)2939 HP
アルカリ性単純弱放射能温泉
46.2℃
ボディシャンプーあり ドライヤーあり
内湯 露天 サウナ 水風呂
450円
10:00~翌7:30
2017/3/22

宮苑温泉

山鹿市街地から北へ離れた辺り、住宅が散在する中に浴舎が建つ。アクセス道路は細い。

広い駐車場が迎える。フロントに入り自販機でチケットを購入する。受付の方に渡し右手に進むと大浴場入り口だ。靴を脱ぎ木製の靴棚にしまう。脱衣所にはロッカーとプラ籠が並ぶ。ロッカーに鍵はなく受付に申し出て鍵を受け取る仕組みのようだ。洗面台にはドライヤーが備わる。



浴場は左右に洗い場が並び正面に浴槽が配置される。左手前には掛かり湯の枡が用意されている。洗い場はワンレバーの混合栓で隣との間には壁が設置されている。迷惑をかけぬ配慮だろう。
浴槽は2槽に分かれている。湯口が設けられている槽は上がり湯の表示があり小さめ、無色透明の湯が注がれている。飲泉可だ。コップが置かれている。印象に残るような味はない。浴感にも癖はなく素直な湯だ。



湯は上り湯の槽を溢れ広めの槽に流れる。広い浴槽は寝湯ができるように背中側は湾曲している。小さく白い正方形のタイルが湾曲を飾る。背中の曲がりにピッタリくる。いいあんばいで長湯できる。
浴室内カメラ持込禁止の表示がある。


宮苑温泉
山鹿市下吉田店田646-2
0968(43)3987
アルカリ性単純温泉
36.4℃
シャンプー類なし ドライヤーあり
内湯
300円
12:00~24:00(土日祝10:00~24:00)
貸切湯あり 800円~
2017/3/22

平山温泉 元湯

2016年11月に元湯がリニューアルしたと知り訪れた。ヌルスベ感を肌に残す平山の湯は、源泉そのものが適温で誕生する。幾度となく足を運ぶ温泉郷だ。




土曜日の昼下がり、駐車場には車がずらりと並ぶ。受付棟も、その後ろで控える浴舎も真新しい。赤いのれをくぐり受付棟に入る。自販機で入浴券を購入する。右手にある受付の方に渡す。受付棟には休憩スペース、果物などの販売コーナーが用意されている。

青暖簾をくぐり扉を開けると脱衣所だ。鍵付きの無料ロッカーが用意されている。洗面台にはドライヤーが2つ、無料だ。木材を多用した内装に落ち着きを覚える。



扉を空けると浴室だ。明るい。かかり湯が肌を流れる。右には洗い場が並び、左から正面にかけて浴槽が配置されている。2槽に分かれる浴槽の正面槽は熱めで、左の槽は適温だ。浴槽を満たす湯は透明で澄んでいる。
湯口の湯を口に含むとあっさりとした玉子味と弱い苦みが舌に届く。浴槽の湯を見つめていると白い湯の華が盛んに浮遊しているのが分かる。湯上りの肌は潤いに溢れ、ヌルスベ感を残す平山温泉らしい湯だ。



戸外には岩であしらわれた露天が配置されている。左には斜面が立ち上がる。植栽されているようだが、冬のため草木は眠っている。広い青空と冷気が火照る肌を冷ましてくれる。
建物も浴舎も一新された元湯、湯だけは今までと変わらぬ掛け流し極上の湯だ。


平山温泉 元湯
山鹿市平山256
0968(43)2041
平山温泉観光協会HP
アルカリ性単純温泉
43.4℃
シャンプー類なし ドライヤーあり
内湯 露天 水風呂
300円
6:00~21:30
2017/1/28

蘇傳寺温泉

県道316号沿いに日帰り温泉施設が立つ。舗装されていない駐車場は広い。
玄関ホールに入る。チケットを自販機で購入、受付の方に渡す。




突き当りの扉を開けると脱衣所だ。ロッカーは無料の鍵付き、プラ籠も備わる。有料だが洗面台にはドライヤーが用意されている。

浴室には湯気が満ちている。入口直ぐにはかかり湯が用意されている。右手に洗い場、左手の壁に沿い浴槽が配置されている。



湯口からは透明の湯が注がれている。口に含むと弱い苦みが舌に残る。臭いはなく、肌に優しさを残す。

戸外には露天が用意されている。岩を淵に並べた浴槽には透明の湯が注がれる。風景を楽しむことはできないが、冬の日差しを受けての湯浴みは体が癒る。
側には水風呂が用意されている。サウナがあるからだ。露天風呂の先には歩行浴もある。胸あたりまでが沈む深さだ。




これだけの湯を掛け流しで楽しめ、シャンプー類が揃うのに300円。熊本の底力を改めて知る。
受付の側には休憩コーナーがある。一息入れて施設を後にした。


蘇傳寺温泉
菊池市泗水町永2940-1
0968(38)4433
ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉
泉温不明(分析表見当たらず)
シャンプー類あり ドライヤーあり(10円/3分)
内湯 露天 歩行湯 水風呂 サウナ
300円
岩盤浴 900円
8:00~21:30
2017/1/28

内牧温泉 大観荘

内牧温泉街で比較的観光客の姿を多く見かける通りに面し、広い駐車場を備える宿だ。ロビーに立ち入ると、フロントの奥から女性の方が出てこられた。立寄り湯をお願いする。浴場はロビー奥から右へ折れた先にあった。




緑色の暖簾が揺れている。開け放たれた引き戸を抜けると脱衣所だ。100円コインロッカーと、藤籠が並ぶ木製の棚が置かれている。洗面台は二つある。
スリガラスの引き戸を開けると10畳間ほどの広さに相当する浴室が現れた。正面に浴槽、左右の壁に洗い場が各3箇所、配置されている。



湯口からは途切れることなく湯が注がれている。やや温めの適温で、肩まで沈めてゆっくり時間を楽しめる。絶妙の温度だ。薄い褐色を帯びた湯で、口に含むと鉱物味、鼻を近づけるとツンとくる鉱物臭を感じる。にんまりしてしまうほど、温泉らしさを感じられる。
浴槽の内側は平石で組み上げられている。淵に溝などは刻まれず、溢れた湯は淵の全てを撫でるように流れ去っていく。




右手の壁には腰高のガラスがはめられている。石灯籠などが置かれた戸外を眺めることができる。



惜しげもなく湯が浴槽を溢れ去る情景は内牧温泉ならではの魅力だ。

通りに面した場所に温泉が導かれている。手を入れると温泉気分を味わえる。



土曜日の昼、宿は静かであった。秋から冬に向かう季節は温泉に惹かれる時期でもあるが、内牧温泉は静かであった。


内牧温泉 大観荘
阿蘇市内牧246
0967(32)0999 HP
含石骨・芒硝泉
47.2℃
シャンプー類あり ドライヤーあり
内湯
400円
9:00~20:00
2016/11/5