山川温泉共同浴場

数戸が肩を寄せ合うように集落を形成する山間の場所に、湯抜きのある浴舎が佇む。年月を重ねたと思われる共同浴場の姿に不思議な安堵感を覚える。車は歩いて1分も要しない地区の集会所の前に停めることができる。




アルミ製の扉を開けると脱衣所が現れる。改修されて久しい内部は整理整頓が行き届いて
いる。壁には料金箱、100円玉を3枚入れる。木製の棚と長椅子が置かれた脱衣所は浴室と仕切られている。ガラス越しに見える浴室には目に痛いほどの太陽光が差し込んでいる。




浴室には浴槽が一つ、洗い場はない。浴槽から湯を汲みあげて体を洗う。浴槽を満たす湯は冷めた体に程よい温度だ。
壁から突き出た鉄パイプ製の湯口は透明の湯を絶えず注ぐ。コップが置かれている。飲めるのだ。ほんのり玉子味を感じる。臭いはほとんど感じない。
浴槽の底には湯の花が堆積している。うっすら鶯色を帯びている。湯の中で手を動かすと湯の花は一斉に舞い、透明だった湯を白く見せる。身を沈め一人っきりで過ごす。なんと贅沢な時間だろう。



料金を支払わない人がいるらしく、料金の支払いを求める注意書きが掲示されている。残念で仕方がない。
改修される前から通いはじめて15年ほどの年月が過ぎた。地域の方々によって維持、管理されている施設をよそ者にも開放していただていることに改めて感謝。

この日の涌蓋山は雪をかぶっていた。



12月、すっかり冬の景色だった。


山川温泉共同浴場
阿蘇郡小国町北里字山川
単純硫化水素泉
泉温不明
シャンプー類なし ドライヤーなし
内湯
300円(子供150円)
~21:00
2017/12/13

杖立温泉 旅館泉屋

国道212号杖立トンネルが完成しバイパスが竣工する1993年2月まで、国道は杖立温泉の右岸側を通っていた。今も残るこの道から公共の駐車場へ行くことができる。駐車場を散策すると立ち寄り湯を誘う宿の看板を見つけた。木造3階建ての宿だ。

玄関を入り声をかける。右手の部屋からで来られた女性の方に立ち寄り湯をお願いする。浴場は左手奥、暖簾が下がっていた。脱衣所は小部屋のような空間で、至ってシンプルな印象を受ける。何もないということではなく必要なものが物静かに揃っているのだ。




扉を開けると浴場だ。迎えられた空間には屋根がある。浴室にだ。階段を数段下りると浴槽が待ち受ける。寝湯を備えた浴槽だ。木でこしらえた湯口からの「導湯路」からは透明無色の湯が注がれている。手にとることができることから、湯は適温に調整されているようだ。湯にこれといった臭いはない。口に含むと極弱い塩味を覚える。




凝った造りの内湯から露天岩風呂に向かう。露天は岩で組み上げられているようだ。湯口からは湯気を立てながら温泉が供給されている。狭隘な空間を活用した露天風呂からは植栽された木立と板壁の間を縫って杖立川を望むことができる。立ち上がることは必須ながら、風景を楽しみながらの入浴は露天風呂の必然である。




内湯の一角には蒸風呂の入口が用意されている。小さい扉だ。杖立温泉ならではのサウナだ。もう一つ扉がある。超音波風呂の表示ある。扉の先にはもう一つ浴室が用意されていた。高い天井に支えられた空間は杖立川に望み一面ガラスが用いられ明るい。上部の透明ガラス窓からは杖立の風景を望むことができる。穏やかな風景だ。浴槽に満たされる湯は屋根のある内湯と同様、無色透明で無臭だ。



500円で内湯二つ、露天、蒸風呂と4つの湯が楽しめる。限られた空間で杖立の湯を楽しんでもらおうとする宿の工夫と志が伝わるようだ。


杖立温泉 旅館泉屋
阿蘇郡小国町下城4179
0967(48)0021 HP
塩化物泉
89.5℃
シャンプー類あり ドライヤーあり
内湯 露天
500円
8:00~21:00
2017/12/13

杖立温泉 かねいし旅館

筑後川に設けられた松原ダムに流れ込む杖立川、大分県と熊本県の県境から上流に向けて湯けむりの町が佇む。宿や飲食店は急傾斜地にへばりつくように建ち並ぶ。川岸は通路や駐車場として整備され、車の置き場所に悩むことはない。
川に面した左岸の通りに宿が立ち並ぶ。その一つに立ち寄り、温泉をお願いした。




スリッパを履き左手に折れて進むと浴場である。脱衣所は4畳ほどの空間、木製の棚と洗面台が迎える。戸外の寒さを忘れるように暖かい。掲げられた温泉分析表には94.9度の表示、沸騰に近い温度だ。杖立温泉には蒸風呂がある。サウナのようなものだ。複数の旅館で見ることができる。100度近い温泉が湧出することを利点として活用した施設だ。かねいし旅館にも設けられていた。



浴室内には暖気が満ちている。湯気ではなく暖気である。浴室には5~6人が一度にはいれそうな浴槽が右隅に一つ、左の壁に洗い場が並ぶ。手前右側に蒸風呂が配置されている。
浴槽の外にはもう一つ浴槽がある。空っぽだ。冬は湯がはられないようだ。戸外とは目隠しで隔てられているが、寒気は入り込みそうだ。




内湯は変形五角形の浴槽で、無色透明の湯が満たされている。注がれている湯は激熱というわけではない。温度調整された湯が湯口から供給されているようだ。浴槽を満たした後の湯は淵に刻まれた窪みから流れ去っていく。



浴室からは杖立の眺めを楽しむことはできない。杖立温泉といえば4月から5月にかけてのこいのぼりが風物詩だ。湯につかりながら眺めるのも一興かもしれない。


杖立温泉 かねいし旅館
阿蘇郡小国町下城3358
0967(48)0341 旅館組合HP
ナトリウム-塩化物泉
94.9℃
シャンプー類あり ドライヤーあり
内湯 露天(冬場は休み)
500円
9:00~20:00
2017/12/13

大谷の湯(家族風呂)

農地と雑木林と工場団地に囲まれた環境の中に施設は佇む。
果物や野菜が並ぶエントランスの正面に受付がある。家族湯は3室あり、受付カウンター右端に待ち時間が表示されている。右壁にある自販機で入浴チケットを購入する。
家族風呂はフロントの裏側に位置する。渡されたプラ籠にはドライヤーと鍵、ミネラルウォーターがサービスで入っている。




脱衣所は畳3畳ほどの広さだ。壁にはエアコンが備わるが季節がら稼働していないようだ。
扉を開けると浴室が現れる。正面左角に湯口があり、変形した五角形の浴槽に湯が満たされている。湯は灰色の潮濁りだ。湯口の湯を手にすくう。塩素臭が真っ先に鼻腔を刺激する。口に含むとサラリとした舌感覚と極弱い塩味が届く。見た目から受ける個性への期待は肩透かしをくらう。



壁から突き出た蛇口からは水が細く注がれている。加水されているようだ。身を沈めればやや熱めであることが分かる。湯上りは汗がなかなか引かなかった。湯口から注がれた湯は浴槽を揺れた後、淵に刻まれた溝から去っていく。




透明なガラス越しに植栽された庭が見える。イロハモミジが情緒を保つが、紅葉はしていない。時間が許す限り緑を眺めて過ごした。
洗い場からは白湯が出てくる。温泉は浴槽にのみ供給されているようだ。

受付の左側にはレストランが併設されている。訪問時は昼時で、8割程度の席が埋まっていた。


下大谷温泉 大谷の湯(家族風呂)
菊池郡菊陽町原水字大谷3880-14
096(233)9477 HP
ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩温泉
源泉温度不明(分析表見当たらず)
シャンプー類あり ドライヤーあり
内湯
1800円/50分・2300円/80分
家族風呂3室
大浴場 550円
10:00~24:00
休:第1水曜日
2017/11/28

内牧温泉 阿蘇温泉センター阿蘇乃湯

内牧温泉街から西へ徒歩で約10分、車なら数分で菅原神社が見えてくる。目的の温泉はその先、赤茶色の瓦屋根が目印だ。
駐車場の左手に宿の入口、正面に温泉の入口がある。広いエントランスの中央には受付がある。自販機でチケットを購入し受付の方に渡す。貴重品は受付の前のボックス(無料)に入れるよう助言がある。従う。




男湯は右手だ。脱衣所には籠が並ぶ。中央には畳1枚を敷いたバンコがある。
浴室は広く高い。解放感に満ちている。左手奥に主浴槽、右手壁に沿い洗い場、右手奥に水風呂が配置される。露天風呂は二つ。主浴槽と水風呂の間の扉を開けると屋根と壁のある半露天風呂(その1)が待つ。右手に回ると屋根はあるものの壁はなく、外輪山が見晴るかせる開放的な露天風呂(その2)が用意されている。脱衣所から直接行くこともできる。



主浴槽に勢いよく注がれる湯は無色透明、記憶に残るような臭いは感じられない。口に含むが印象付ける味はない。至って素直な湯だ。主浴槽から溢れた湯は洗い場へ流れ去る。一部は露天風呂(その1)へ送られる。間違ってもこちらの露天風呂の湯口の湯を口に含んではいけない。




岩で組み上げられた開放的な露天風呂(その2)には天井から導かれた湯が注がれている。改めて澄み切った透明感の湯を確認できる。風景に目を向ければ阿蘇外輪山の雄大さを自らの目で体現できる。阿蘇内牧温泉に来たことを実感する。




玄関先に内牧温泉の外湯を紹介する掲示板がある。阿蘇乃湯は外湯として紹介されている。営業時間を知らせる張り紙には阿蘇温泉センターの文字が用いられる。営業の柱は日帰り温泉なのかもしれない。


内牧温泉 阿蘇温泉センター阿蘇乃湯
阿蘇市小里6
0967(32)1521 HP
単純温泉
泉温不明(スタッフルーム掲示のため確認不可)
シャンプー類あり ドライヤーあり
内湯 露天
500円
家族湯1室 1200円/50分
10:00~23:00(11月~/12:00~23:00)
休:第1火曜日
2017/10/9

内牧温泉 旅館親和苑

内牧交差点を温泉街へほんの少し進み、離合不可能な細い道へそれる。しばらく走ると木々に囲まれた宿に着く。
暖簾が下がる玄関を入り立ち寄り湯をお願いする。案内されたのは別棟にある露天風呂だ。




木立の間を抜け囲炉裏を囲む待合棟の先には、独立した男女別の露天風呂が用意されている。男女の露天は時間で入れ替わるようだ。黒色に塗られた浴舎は木々の中に溶け込む。脱衣所は暗い。晴天の昼間でも灯りが必要だ。

扉を開けると露天風呂が顔を現す。岩で組まれた浴槽は木々の姿が映り込み内部が見えずらい。底面は均平ではないから移動する際は注意が必要だ。この日強かった日差しは、植栽されたクヌギや紅葉の枝葉などによって柔らかく穏やかな陽光に生まれ変わっていた。



竹の先から注がれる湯は、肌を極々うっすら青みがかった色にする。臭いは感じ取れない。口に含むと金気味と石膏味のような苦みを感じる。個性をもった湯で、程よい湯温だ。




浴槽を溢れた湯は湯口そばの排水口へ流れ去っていく。底近くにも小さな湯口がある。やや熱めの湯が勢いよく出ている。露天の湯温を保つためかと思われる。洗い場は1か所用意される。



木々を眺めながら一人っきりの時間を過ごした。


内牧温泉 旅館親和苑
阿蘇市内牧1354
0967(32)0330 HP
ナトリウム・マグネシウム・カルシウム-硫酸塩泉
42.2℃
シャンプー類あり ドライヤーあり
露天(立寄り湯)
500円
10:00~16:00
2017/10/9